川柳塔誌電子化事業

川柳塔誌電子化事業の完了について
 
川柳塔誌電子化事業は、川柳塔社創立95周年記念事業として平成30119日に創刊号の掲載から始まりました。

事業開始から18か月、本日令和元年914日掲載分で全1,075冊の電子化公開が終了したことをご報告致します。当初10年はかかると見込んでおりましたが、皆様から頂戴した多大なご支援により大幅に期間を短縮することができました。

誠にありがとうございました。


今後は、毎年1月に、発刊から2年が経過した号を1年分まとめて掲載します。引き続きご支援賜りますようお願い致します。

本事業の目的は、電子化それ自体ではありません。

電子化された川柳塔誌を、皆様にご覧いただき、ご活用いただいてこそ本事業が意味あるものとなります。本事業により公開された川柳塔誌が、皆様の川柳活動のお役に立てることを心から願っております。

最後に、冊子をご寄贈いただいた皆様、ご寄付いただいた皆様、本事業にご協力、ご声援いただいた皆様、本事業に関わる全ての方々に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

令和元年914日 川柳塔社主幹 小島蘭幸

川柳雑誌、川柳塔誌
寄贈者名一覧(五十音順)

久保田千代様、塩満敏様、髙野不二様
竹治ちかし様、徳山みつこ様、都倉求芽様
美研アート様、藤村亜成様、藤本秋声様

過去の通知
今後の掲載予定について(平成31330日)
川柳雑誌240号寄贈のお願い(平成30年12月21日)
新サーバー運用開始と冊子寄贈のお願い(平成30年8月22日)
今後の掲載方法と冊子寄贈のお願い(平成30年3月24日)
川柳塔誌電子化事業の開始について(平成30年1月19日)

注意事項
*傾き、汚れ、ペンなどによるメモがあるページがあります。文字が判別できない、ページが抜けているなどの場合はお問い合わせからご連絡ください。
*住所、電話番号などの個人情報については、大会通知など公表されることを前提にしているものは掲載していますが、公表されることを想定していないと思われる場合はページごと削除又は塗りつぶし処理を行っています。「川柳雑誌」については削除/処理を行わず掲載します。

【更新情報】 総掲載数:1075 (令和元年9月14日現在)
2019年9月14日 461号から500号追加

【更新予定】
2020年1月:1076-1087号

 1-100号(大正13年-昭和7年)

101-200号(昭和7年-昭和15年)

201-300号(昭和15年-昭和27年)

301-400号(昭和27年-昭和35年)

401-500号(昭和35年-昭和44年)

501-600号(昭和44年-昭和52年)

601-700号(昭和52年-昭和60年)

701-800号(昭和60年-平成6年)

801-900号(平成6年-平成14年)

901-1000号(平成14年-平成22年)

1001-1100号(平成22年-平成28年)

*発刊から2年以上経過した号を、毎年1月か2月に1年分まとめて掲載。

20 Comments

  1. 返信
    福村 まこと 2019年9月14日

    川柳史に残る大事業を成され、敬意を表します。この業績は川柳界だけでなく、日本の文芸史に残る偉大な財産になると確信しています。ありがとうございました。

    • 返信
      森山文切 2019年9月14日

      コメントありがとうございます。

      思い返せば事の始まりも、新家完司理事長の「文芸史上に残る快挙」というお言葉でした。無事達成でき、実務担当者としてほっとしています。

      小島蘭幸主幹のお言葉通り、利用されてこその電子化です。ぜひご活用いただけたらと思っています。

  2. 返信
    昌紀 2019年7月1日

     そうですね。
     本当に、ありがとうございます。
     240号については、所在をあ知らせしただけで、何もできずに申し訳ございませんでした。
     こんな短期間で完成するとは、というより短期間で完成すべきプロジェクトやったように思います。
     川柳結社がやるべき事の基本的な指針のひとつとなったようで、嬉しく思います。
     ありがとうございました。

    • 返信
      森山文切 2019年7月2日

      昌紀さま
      コメントありがとうございます。
      240号の件は情報をいただきありがとうございました。
      完遂に向けて残りの作業を頑張ります。

  3. 返信
    菱木誠 2019年6月19日

    川柳塔社の大事業に心から敬意を表します。散逸する柳誌や句集は今やっておかないと歴史の闇に埋もれてしまいます。

    • 返信
      森山文切 2019年6月19日

      菱木誠さま
      コメントありがとうございます。本事業は9月には現状電子化する号の全ての電子化を終えられる見込みです。私が個人で運営している毎週web句会という別サイトで、他の柳誌の電子化についても現在検討中です。柳誌や句集は共有の財産と考えています。電子化の流れが広がってくれたらと願っています。

  4. 返信
    昌紀 2018年1月31日

    とてつもない大事業がスタートしましたね。マンパワーの事、お金の事。お金持ってないくせに無責任な事を言って済みませんが、同人誌友の皆様に、単発的に復刊事業の寄付を募ってと考えておりますが、皆さんの年齢を考慮したら、現実的にはなかなか難しい。一口当たりの金額を減らし、寄付を複数回等々。沢山の同人誌友のかたの中には、寄付等に詳しいかたも居られるでしょうから、そういう方にアドバイス、お手伝いが得られば…他薦で集まりそうというのは、大分甘いでしょうか。
    マンパワーの件、メールでやり取りしながら進めていけるような業務(作業)があればお知らせ下さい。いつでもお手伝いさせて頂きます。

    • 返信
      森山文切 2018年1月31日

      昌紀さま
      コメントありがとうございます。今後の展開はおっしゃる通りいろいろと考えられますが、まずは電子化しやすい号から着手しています。最近の号は比較的安く簡単に電子化できますので、この先2年くらいかけて、20年前くらいの号から最近の号までを掲載していく予定です。その間に20年より前の号を電子化するための費用と労力への対応を検討できればと思っています。
      具体的にお力添えいただきたいことが出てきましたらご連絡させていただきます。今後も本事業をよろしくお願いいたします。

昌紀 にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)