トップページ

【お知らせ】

川柳塔社web句会は現在休会中です。
また、ミニエッセイも休止中です。

必要な人員や予算が確保でき次第再開いたします。

お楽しみいただいていた皆様にはまことに申し訳ございませんが、
再開までしばらくご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

川柳塔社

令和3年6月本社句会(誌上句会)

締切令和3年5月31日消印有効
題と選者「泣 く」  冨永 恭子 
「急 ぐ」  小久保和子
「ムード」  竹村紀の治
 「泡」   植竹 団扇
「勇 気」  小島 蘭幸

   各題2句  
投句料1,000円

本社句会今後の予定 (変更の場合があります)

令和3年7/7(水)、8/11(水)、9/7(火)、10/2(土)*、11/5(金)、12/7(火)
*川柳塔まつり

#川柳塔
#川柳塔誌電子化事業

橘高薫風子「有情」(1962年)を掲載しました。

https://senryutou.net/senryutoushi-denshika/

#川柳塔

第九回春の川柳塔まつり誌上大会特選句を掲載しました。

https://senryutou.net/honsya-syuuku/2021-2/

川柳塔鑑賞:令和3年4月号
おでこにピッ今日も関所を通り抜け 堀正和
 コロナ感染防止対策の儀式の検温。「ひたい」ではなく「おでこ」という言葉と「ピッ」というオノマトペとの相乗効果で、体温計を「おでこ」に向けられている光景が鮮やかに浮かぶ。(片山かずお)
#川柳塔 #川柳塔鑑賞 #川柳

#川柳塔

6月本社句会情報を掲載しました。
*6月句会は新型コロナウイルスの影響により誌上句会です。

https://senryutou.net

水煙抄鑑賞:川柳塔令和3年4月号

喜びも中途半端な春が来る 東定生

 人生の始まりや節目の春という季節には、どこかわくわくと浮き立つものがある。が、コロナ禍の今、喜びに浸り切れない。(せっかくの春なのに)  (中村惠)

#川柳塔 #水煙抄鑑賞 #川柳

Load More...


月刊 定価 800円(送料別)
定期購読半年分5,000円(送料込)/1年分9,800円(同)
バックナンバーは84円切手2枚を同封の上申し込み頂ければ差し上げます。

購読申し込み用紙はこちらから

見本誌は電子化事業の最近の号をご覧ください

【川柳塔社】
〒 543-0052 大阪市天王寺区大道1-14-17-201
電話06(6779)3490