トップページ

【お知らせ】

川柳塔社web句会は現在休会中です。
また、ミニエッセイも休止中です。

必要な人員や予算が確保でき次第再開いたします。

お楽しみいただいていた皆様にはまことに申し訳ございませんが、
再開までしばらくご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

川柳塔社

令和3年8月本社句会(誌上句会)

締切令和3年7月31日消印有効
題と選者「ラスト」   斎藤さくら 
「すいすい」  萩原 狸月
「多 少」   稲身 則彦
「 銀 」   山崎芙美子
「個 性」   新家 完司

   各題2句  
投句料1,000円 

本社句会今後の予定 (変更の場合があります)

令和3年7/31(水)(誌上句で実施します)、9/7(火)(誌上句会で実施します。締切は、別途お知らせします)、10/2(土)*(誌上句会で実施します。締切は、別途お知らせします)、11/5(金)、12/7(火)
*川柳塔まつり

#川柳塔鑑賞:令和3年7月号
古里は眼裏にあり梨の花 牧野芳光
 菊の花、杏の花、柿の花など果物の花にはなぜだか郷愁を誘う雰囲気がある。幼い頃育った里にはそれぞれ土地特有の果樹があり、子供は秋の実りを楽しみに果物と一緒に育った。(水野黒兎)
#川柳塔  #川柳

川柳塔誌電子化事業

麻生路郎川柳句集 旅人(1953)

二階を降りてどこへ行く身ぞ 麻生路郎

#川柳塔 #川柳 #句集
#川柳塔誌電子化事業

https://senryutou.net/wp-content/uploads/2021/01/tabibito-jiro.pdf

#水煙抄鑑賞:令和3年7月号
この句よりオレの句いいと愚痴る没 瀬島流れ星
 全くそのとおり。この句を抜かないなんて選者のセンスを疑うと、思ってあきらめましょう。(福西茶子)
#川柳塔 #川柳

#川柳塔鑑賞:令和3年7月号
明日から歩こうと毎日思う 谷口義
百歳までは生きたくないという百一歳 能勢利子
 この堂々としたとぼけ具合が絶妙で、老人力万歳である。見習いたい境地。(水野黒兎)
#川柳塔 #川柳

#川柳塔 更新情報

5月本社句会秀句を掲載しました。

#川柳

https://senryutou.net/honsya-syuuku/2021-2/

Load More...


月刊 定価 800円(送料別)
定期購読半年分5,000円(送料込)/1年分9,800円(同)
バックナンバーは84円切手2枚を同封の上申し込み頂ければ差し上げます。

購読申し込み用紙はこちらから

見本誌は電子化事業の最近の号をご覧ください

【川柳塔社】
〒 543-0052 大阪市天王寺区大道1-14-17-201
電話06(6779)3490