居谷真理子ミニ句集

ミニ句集ページに戻る

居谷真理子ミニ句集

居谷真理子(いたにまりこ)
川柳塔社(同人、常任理事)

略歴
2000年  川柳塔社 同人

PDF版:下の画像かここをクリック


存分に狂うて満開の桜
いつか死ぬそう思えればみな喜劇
辛い夜は胎児の形して眠る
花が降る二人を少し狂わせて
みな独り歩幅合わせてみな独り
青春の輝きあれは割れガラス
あアあアと泣く一人だし酔ってるし
本物の銃でないからすぐ飽きる
してはならぬ我慢ばかりをして汚れ
道化者十五で泣いたあの日から
踏みつけてみても卑怯の柔らかさ
肩書きはにんげん文句ありますか

ほほえんで下さい 開きたいのです

虹はすぐ消えて豆腐と葱を買う
老人ホームみんな母から生まれた子
誕生日汚れた海を見て帰る
一枚の布を男は旗と呼ぶ
人の世に縛られたくて腕時計
電球のあかり 愛のようなもの
飛んだのよ紙飛行機もわたくしも
消えそうな母と大きな虹を見る
ここでなら泣けるこの樹の下でなら
サワルナッ コレハワタシノ悲シミダ
不眠症きっと死ぬのも下手だろう
古日記かほど私は愛された
空がいい行方不明になるのなら
ライバルはひょいと跨いださて私
銀色のあれは悲しみだったもの
からっぽの手の平息を吹きかける
巧すぎる男で贋作者になった
本を読む発光体になっている
闘えと爪愛せよと髪が伸び
幸運の女神は意地悪な老婆
少年よ五月の空を打ち鳴らせ
ぼんやりとしてたら銃を持たされる
人間てすごい泣いたあと笑う
ゼロですがひょいとねじれば無限大
真心のやるせなさ知る一円貨
へのへのの顔で見ている昼の月
しょうがない男で今日もピーヒョロロ
髪を梳くそりゃあいつかは死ぬけれど
酒で消す火もあるちちろ鳴いている
また来たか淋しいのかとカバが言う
雨なんか降るから君が好きになる
マッチ一瞬あかるいあたたかい
砕け散ってこれがコップの答です
愛したら花火になれたのに菊よ
友が逝く腹の底から寒気団
細胞の一つ一つに先祖様

目覚めれば光あふれているこの世

(平成29年12月16日掲載)

17 Comments

  1. 返信
    居谷真理子 2019年3月13日

    山田恭正様
     コメントありがとうございました。
    奧様があの句を受け止めて下さったこと、たいへん嬉しくありがたく思っております。
    これからも皆さんから刺激を頂きながら、独り言のような句を吐き続けていきます。

  2. 返信
    山田 恭正 2019年2月28日

    先般は、楽しいひと時を過ごせました。
    また、機会があれば、ご一緒したいですね。

    さて、その席で、私の家内が「震えた」と言っていた真理子さんの句は

    「鳥」植野 美津江 選 わたくしの羽根を織り込む原稿紙 でした。
    私が、清記の役目で、家内に間違いがないかチェックしてもらった時のことです。
    2年間ほど、清記をしており、いつも家内にチェックしてもらっていますが、
    後にも先にも、家内が感嘆したのは、この句だけです。

    ということ、これからもよろしくお願いします。

  3. 返信
    中原比呂志様 2019年1月1日

     あけましておめでとうございます
    暖かで穏やかな元日ですね。2019年が良い年でありますように。
     ミニ句集へのコメントをありがとうございました。
    文切さんのおかげでこのように嬉しいお便りを頂けます。
     頼りないのに我の強い後輩でございますが、これからも
    どうぞよろしくお見守り下さい。              

                       居谷真理子

  4. 返信
    中原比呂志 2019年1月1日

    1月1日 何か良い年になるような予感で川柳塔ウエブを開いて真理子さんのミニ句集を発見しました。川柳塔電子化事業は良いですね。
    さっそくプリントアウトして教室のみなさんにも紹介してあげましょう。ホップ ステップ ジャンプ 真理子さんの一層のご清吟、ご活躍を期待しています。

  5. 返信
    居谷真理子 2018年4月15日

    奥 時雄様+ 
     とんでもないお褒めの言葉です。身に余り過ぎます。
    お礼の申しようもございませんが・・・ありがとうございます。
    最近、本社句会でお顔を拝見できませんね。 
    どうぞお元気で、そして10月6日の「川柳塔まつり」には
    是非是非お越し下さいませ。
      
                        居谷真理子

居谷真理子 にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)