藤井智史ミニ句集

ミニ句集ページに戻る

藤井智史ミニ句集「只今、準備中」

本名 藤井智史(ふじいさとし) 
〔稀に、雅号 柾木郷志(まさきさとし)となります〕
井笠川柳会所属
弓削川柳社会員
川柳塔社同人

PDF版:下の画像かここをクリック


はじめに
この句集を作成するにあたっての私の目標は、
「ベストを尽くさない」、「自分も楽しむこと」、「50句中49句はダメでも、1句だけでも読んで頂く人の心に残る作品を作る」以上となります。
(平成29年6月20日 藤井智史)

コンセプト
この句集のコンセプトは、「ハンドライティング アンド デジタル フュージョン(手書きとデジタルの融合)」です(できれば、パソコン、スマホのPDF版でご覧ください)。

本句集のデータ
笠岡市中央公民館講座、あすなろ句会(岡山県笠岡市)、Web句会等の既発表句を中心とした句集となっています。

略歴
昭和五十四年 岡山県笠岡市生まれ
平成九年   高校三年生の時、地元笠岡市の税に関する川柳コンクールに応募
       それを機に川柳作句開始
二十歳代前半 地元山陽新聞の山陽柳壇へ投句開始
       井笠川柳会笠岡大会にて川柳大会デビュー
二十歳代後半 仕事と勉学へ専念 作句を一旦休止
平成二十二年 山陽柳壇へ再投句を機に作句開始
平成二十三年 笠岡市中央公民館講座川柳講座(平成二十七年退会)に入会
       井笠川柳会に入会(会員)
       あすなろ句会(岡山県笠岡市)に入会 
平成二十四年 Web句会投句開始
平成二十五年 弓削川柳社に入会(会員)
平成二十八年 川柳塔社同人

壱 甘酢あんかけ
初恋の甘酢あんかけミュージアム
定型のメールお別れだと悟る
線香花火ポトリと落ちて恋終わる
恋恋破涙涙怒怒怒続続希
失恋の闇から朱雀舞い上がる
恋愛は風林火山かもしれぬ
男と女シャドーボクシングは続く
婚活だ消滅都市を阻止するぞ
婚活はタンタンタンと終わらない
あなたとの愛は乾燥注意報
絹糸のもつれは愛の不釣り合い
次の縁談を最後と決めておく
縁談を片手に握る春の使者
わたくしにふさわしい人きっといる
薬指飾るお金は惜しくない 

弐 パンケーキ
パンケーキ愛愛愛を込めて焼く
悩ましい浴衣で齧るチョコバナナ
押し寄せる愛は抵抗せず掴む
糊だけじゃ不安ボンドで繋ぐ愛
横恋慕私の愛で遮断する
たこ焼きと苺が鳴らす愛の鐘 

参 八分音符
赤ペンの愛で訂正する味方
偏差値じゃ僕の性格計れない
甲高い声で得意な話する

飛び跳ねる八分音符の日曜日

肆 色
黒く塗る歴史 反省しない国
真っ白な心の寄付が被災地へ
悪人の虹は踏んだらすぐ消える

伍 ワイン
葉桜のときに苦労をしておこう
横道にあるのは無駄と限らない
天職と言われ自信を持つ介護
説教は巻き戻さずに早送り
好敵手奇策逆襲超元気
納得ができぬ御嶽山である
パレットの上では差別をしていない
誤飲した明日で過呼吸するワタシ
医師からの注意は神の声とする
悲しんでいる暇はない忙しい
同じほう向いて皆で勝ちに行く
千円が当たれば次は一億だ
「あと一人」大声あげて勝ちを待つ
スケールのでっかい「まつり」聴かせたる
上品な気分でポンとなるワイン

陸 ふきのとう
焦らずにコツコツ磨く作句力
鳴くこともなくて欠伸をする句会
数々の柳友に会うプチ旅行
雪溶けて没句の山にふきのとう
平抜きじゃ満足しない天目指す
One for all all for one 塔社建つ

句碑狙うB5サイズの柳誌から

おわりに
 「只今、準備中」如何でしたでしょうか。
 私の夢の一つは、川柳の句集を出し、皆様に読んで頂くことでした。webミニ句集の企画を森山文切氏より提案された時、皆様に読んで頂くことのできる喜びと、自分は未熟であり、まだ句集は早いのではとの思いが交差していました。私の両親にも「まだ早すぎる」と猛反対を受けていました。ただ挑戦もしないで、今の状況を続けるのに自分のなかでどうも納得がいかなかった為、両親を説得。句集を出すことになりました。
 「只今、準備中」この句集で私の挑戦は終わりません。「準備中」だからです。未熟な自分を打開すべく、次回作は出版社の人に頼み、本にして頂こうと思っています。その為に、川柳に日々精進していこうと思います。
 私の川柳の基礎は、高木勇三先生をはじめ、井笠川柳会、弓削川柳社の先生や柳友から学び、川柳塔社の小島蘭幸先生、新家完司先生はじめ大勢の柳友から、更に奥深い川柳の道を学ばせて頂いております。私は、幸せ者です。有り難うございます。これからも宜しくお願いします。
 最後に川柳ミニ句集の企画を立案、そして、最終編集作業を行って頂いた、森山文切氏に感謝します。有り難う。 

平成29年6月20日 藤井智史

(平成29年6月20日掲載)

479 Comments

  1. 返信
    宮本 信吉 2019年7月14日

    14日 高校の古希同窓会があった。人生第2章 みんな、出てる方生き生きしてる。こういうのは川柳に クラス会として、詠まれるが 人生の縮図がみえる。自分はもちろん 家族のだれが悪くても 出席は、出来ない。幹事の女性の方から、ちまたの集い欄へ 原稿書いてくれと 頼まれた。この方は ちまたの会員ではないが、以前ちまたの方言のコーナーに書いていたし、自分の所属してる、ゴルフサークルの集いの写真が載ったことがある。私は ちまた、も出てるし、何回か、集いも載ってるのを知ってて、 頼みに来たのだろう。主な同窓生には、言うといた。この次は 80歳なのでわからない、実質最後かもわからない、恥ずかしくない文を、100字そこそこでまとめる、なるべく早くかいて、山陽へだします。今集いは3か月遅れ、出る頃には、連絡が入る、載る日が決まったら 幹事に連絡して、新聞の写真を 来ていた方に送るように いうことにする。通信費は 会費から、出るはず 全員は無理かもしれないが、その辺は、幹事に任せる。新聞の集いは、いい記念になる。

  2. 返信
    宮本 信吉 2019年7月10日

    山陽歌壇 久々の入選、木下草風さんこと 木下かつ嘉さん載ってました、今回は何でも屋の大物の名が多くありました。

    • 返信
      藤井智史 2019年7月14日

      草風さん、凄いです。

      短歌、俳句にも川柳をされている方のお名前がありましたね。

  3. 返信
    宮本 信吉 2019年7月9日

    7日のちまた 掲載 9日一行詩掲載 これで一行詩は 田中さんと並んで今年10回目 1位の守安さん15回 2位の大塚さん12回を 追う、守安さんを 追い抜くくらいの気でいかないと、いけない。5回の差は 射程圏、毎週12編作り その中から 選り出して 推敲する、出す数と回数を多くして1位狙いでいく。

    • 返信
      藤井智史 2019年7月9日

      ちまた&一行詩掲載、おめでとうございます。
      宮本様の掲載回数が増えますように応援しております。

藤井智史 にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)