川柳塔誌電子化事業

川柳塔誌電子化事業の開始について

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素より川柳塔社ならびに当社WEBサイトをご愛顧いただきましてありがとうございます。

川柳塔社は麻生路郎が大正十三年に創刊した「川柳雑誌」を源として、来る2019年には95周年を迎えることになります。
これを記念して【川柳塔誌電子化事業】を立ち上げました。

創刊号より近年に至るまで総ての冊子を電子化し、WEBサイト上にて広く皆様へ公開致します。
温故知新と申します通り、先人の足跡を辿り息吹を蘇らせることによって、今後の指針を得られるものと確信しております。

なお、電子化事業は新家完司と森山文切が中心となって推進致します。ご意見やご質問などは直接両名にお寄せください。

2018年1月19日
川柳塔社主幹 小島蘭幸

 

事業推進について

電子化の範囲は創刊号から最近号の2年前までとします。すなわち、2018年1月現在では、2015年12月号(1063号)までとなります。

また、電子化の順序は創刊号から順次近年に向かって進めて行くのが理想ですが、古い冊子は12冊を合本として保管されており、電子化作業が極めて困難で時間と経費を要します。まずは、事業の出発として創刊号を掲載致しますが、その後は近年と旧年を取り混ぜながら進めて参ります。

1000冊以上の電子化には10年はかかると想定致しますが、末永く見守ってくださいますようお願い申し上げます。

電子化事業統括 新家完司
電子化推進・管理 森山文切

 

創刊号(大正13年2月)

 

14 Comments

  1. 返信
    昌紀 2018年1月31日

    とてつもない大事業がスタートしましたね。マンパワーの事、お金の事。お金持ってないくせに無責任な事を言って済みませんが、同人誌友の皆様に、単発的に復刊事業の寄付を募ってと考えておりますが、皆さんの年齢を考慮したら、現実的にはなかなか難しい。一口当たりの金額を減らし、寄付を複数回等々。沢山の同人誌友のかたの中には、寄付等に詳しいかたも居られるでしょうから、そういう方にアドバイス、お手伝いが得られば…他薦で集まりそうというのは、大分甘いでしょうか。
    マンパワーの件、メールでやり取りしながら進めていけるような業務(作業)があればお知らせ下さい。いつでもお手伝いさせて頂きます。

    • 返信
      森山文切 2018年1月31日

      昌紀さま
      コメントありがとうございます。今後の展開はおっしゃる通りいろいろと考えられますが、まずは電子化しやすい号から着手しています。最近の号は比較的安く簡単に電子化できますので、この先2年くらいかけて、20年前くらいの号から最近の号までを掲載していく予定です。その間に20年より前の号を電子化するための費用と労力への対応を検討できればと思っています。
      具体的にお力添えいただきたいことが出てきましたらご連絡させていただきます。今後も本事業をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)