有海静枝ミニ句集

ミニ句集ページに戻る

有海静枝ミニ句集

略歴
19XX年     山口県に生まれる
2002年頃    長門川柳句会投句会員
          川柳マガジン 投稿(休み休み)
2005年頃    下松多宝塔川柳会
2016年3月   川柳塔  誌友 

出版物
自選句集「みかんの花」 2017年2月

PDF版:下の画像かここをクリック


わくわくと地雷踏んじゃえピンヒール
澄みきった空だ罪人さえ許す
悲しみをたんと知ってる優しい手
欲望の海に溺れている地球
身をひとつ生まれて消えてゆくのです

たんぽぽを踏まないように鬼ごっこ
縦と横区切りの中にある立場
少しだけ嵌ってみたい絵空事
ぼちぼちですこの世のすべてしゃぼん玉
死者に逢うように浴びます花吹雪

ほがらかに成れる涙が尽きたなら
真相は覆い隠して雪女
念ずれば羽が生えます君恋し
嘘つきと胸叩きたい風の人
掴もうか優しい人が差し出す手

あっぷあっぷ読めぬ空気の輪の中で
我慢した数だけ壁に空いた穴
多数派を雑草と言い引っこ抜く
臆せずにまんまで破れ君の殻
ほめ言葉きっときれいな蝶になる

音もなく今日を限りと舞うさくら
わくわくを封じるように重ね紅
さくらさくら痛みしばらく薄くなる
暇でさえなければかからない毒牙
約束の風化か浜に樹の骸

徒花が人知れず咲く緋のごとく
感情を封じ痙攣する瞳
大波も小波も越えた犬掻きで
不用品捨てて記憶が痩せてゆく
片腕でなんとかなるさ揺れ小舟

本来は隣の芝生あたりです
早過ぎと喪の帯解いてから崩れ
ふうわりとあの世とこの世を飛ぶ蛍
闇無音静かに自分聞こえ出す
澄みきった空と海には枠がない

憎しみは愛かもしれぬざわめく樹
風とおる欲を握った手を放ち
慎みは幾重の下にある真意
森深く隠したモスラ孵化をさせ
ふしだらな角度に傾斜する磁石

行き先は知らない蟻の最後尾
九条の変奏序曲流れ来る
キャスターの言葉で色がつくニュース
虐待で裂かれた後も乳は出る
きれいな手これから苦労を知るんだね

毎日が赤信号の点滅だ
普通ってなにさ基準がない普通
手本からはみ出て伸びてゆく個性
基本形ネガティヴですが生きてます
夜も更けた今日の喜劇にやっと幕

(平成29年6月11日掲載)

8 Comments

  1. 返信
    有海静枝 2017年6月12日

    あら?

    ミスタッチがありますね。
    ホントにそそっかしいんです。
    すみませんm(_ _)m

  2. 返信
    有海静枝 2017年6月12日

    麦乃様

    はじめまして。
    お目に止まってうれしいです。
    森山さんには大変おせわになりました。
    ミスタッチやら、すばやく対応していただき
    ありがたく思っています。

    五行詩でなく
    正しくは「五行歌」といいまる。
    五行で思いを表すという自由律に飽き足らず、定型の川柳に入りました。
    川柳を勧めた方は
    「ひにくれぶりが川柳向き」
    とありがたい言葉を下さった、今は天に召された五行歌、川柳、短歌、俳句、エッセイと多才な人でした。
    いろんな縁あって、ここにミニ句集もアップされたんですね。

    麦乃さん
    これをご縁に
    今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)