2018年1月WEB句会 (第22回)

投句数 327句(166名)
※平抜、佳作の掲載は到着順です。

表示がおかしい場合はブラウザの更新をお願いします。
(上の方の丸い矢印をクリックか、windowsの場合F5キー)

結果の感想、議論は掲示板でお願いいたします。
管理人のみへのご連絡は下記フォームから


投句ページに戻る

「静 か」
くんじろう 選
































佳 作




人の句
地の句
天の句
喪の家は犬も静かにうずくまる
来し方を編む動の糸静の糸
長閑に五歩七歩五歩と一行詩
次の方どうぞ静かな注射針
愛されて静かに腐敗する夕日
真夜中の秒針生れ出る奇跡
静かなる目玉焼丼韜晦す
鳩はもう帽子の中で臥している
ハンカチで包んだ咳を持ち帰る
蝉の声聞こえてきます結跏趺坐
雪虫の無欲とどめを刺しにくる
ぐぁんぐぁんと静かに地球自転する
黙考を迫るジョン・ケージの無音
じっくりと見ている花の呼吸まで
友の通夜もっと騒ごうではないか
センターに置かぬと薔薇は香らない
音の無い世界に入る柩です
路地カメラ夜ごと静かな狩りをする
顔ぶれを見れば静かな筈がない
月光の差し込む居間の午前二時
給食の一瞬静か一口目
警策の音だけ響く座禅堂
広辞苑二十五万語包み込む
雪しんしんウサギの足跡が唄う
栓抜きを仕舞い宴は閉じられる
反り返るバナナ静かに破る春
静かさに片想いする非常ベル
一合と大根炊いてただ静か
満月に開く静かな毒キノコ
海凪いでテトラポットは無表情
一月の国旗零時の火の静か
牡丹の咲くときも牡丹の散るときも
ふるさとの橋は静かに拒絶する
座禅組む心療内科二号棟
コインロッカー開く 静かの海に出る
ぱふっ程の音もださずにビックバン
その口にエポキシ樹脂を塗りなはれ
しずかちゃん、亡命先のパリで死す
最後の人類まであと十二人
しゅんかんの交尾スクランブル交差点

よもやま話
藤澤霧堂
藤澤霧堂
板垣孝志
まさと
勢藤潤
いなだ豆乃助
平井美智子
平井美智子
山田こいし
岩根彰子
平尾定昭
加藤当白
辻内次根
雨森茂喜
美馬りゅうこ
寺川弘一
斉尾くにこ
木嶋盛隆
浮世っ子
浮世っ子
西山竹里
森山盛桜
まろん
柴田比呂志
福村まこと
福村まこと
徳重美恵子
青砥和子
若芽
斎藤秀雄
丹下凱夫
かきくけ子
板垣孝志
月波与生
アズスン安須
田口和代
いなだ豆乃助
森山文切
月波与生




「静 か」
 居谷真理子 選
































佳 作




人の句
地の句
天の句
喪の家は犬も静かにうずくまる
温暖化海が静かに肥えてゆく
食卓から静かに愛が消えてゆく
この静けさはきっと誰かの企みだ
静けさを活断層の背で愛でる
次の方どうぞ静かな注射針
サヨナラと書いて静かにペンをおく
喧騒が消えた君を見た瞬間
お育ちがほのかに香るもの静か
お喋りな人を減らしていくスマホ
しゅんかんの交尾スクランブル交差点
世の中のお役に立てずただ化石
張本人だけがしている静かな目
ふくろうになれば聞こえる超音波
眠る墓探検隊がこじ開ける
裸木になって静かな息になる
椀の中餅は静かに正座して
友の通夜もっと騒ごうではないか
路地カメラ夜ごと静かな狩りをする
静かです大群衆はみなスマホ
月光の差し込む居間の午前二時
広辞苑二十五万語包み込む
夜の更ける音が聞こえてくる独り
こんなにも静かひとりが欠けた家
おしゃべりなふたりが手話でする会話
夕暮れのたった一人の美術館
許そうか静かに雪が降るように
米と北静かに黒い砂時計
日中は静かな仏間なんですが
静かには飲んでおれない寂しがり
牡丹の咲くときも牡丹の散るときも
水もらう列の静粛日本人
最後の人類まであと十二人
じっくりと見ている花の呼吸まで
静かさは卑怯とみなす声上げよ
落ち着いた人だ賛否に手を上げず
本物の流儀静かに燃えている
犬死んで寂しいわねと嘘を言う
しんとしてただしんとして寒い
ふるさとの橋は静かに拒絶する

よもやま話
荘子隆
めぐ
めぐ
前川真
板垣孝志
山本進
大島ともこ
武本碧
北田のりこ
月波与生
宝花義一
川本真理子
桔梗庵
坂本加代
米山明日歌
里山水月
雨森茂喜
斉尾くにこ
福多郎
浮世っ子
森山盛桜
あかり
澁谷さくら
澁谷さくら
森廣子
伊藤良一
関口行雲
田口和代
橋倉久美子
丹下凱夫

森山文切
辻内次根
右田俊郎
両澤行兵衛
柳田かおる
たごまる子
田村ひろ子
かきくけ子



© 2003 Senryutou