春が来る度に一番線ホーム


担当:奏子

春が来る度に一番線ホーム
池森子

後悔はあるか YES
やり残した事はあるか YES
では最後に
あの日に戻りたいか NO!

迷いながら、もがきながら、私は前へ進む。
出会いながら、別れながら、未来へ向かう。
後悔も、悔しさも、時には憎しみさえも抱えながら。
春は前へ進む為のリセットだ。
靴紐を結び直して、ゆっくりと前を向き、口角を上げれば汽車の音が聞こえるはずだ。
ホームには涙を拭く人。
うつむいて考えごとをしている人。
楽しそうな人。
人、人、人。
そして、私も今、一番線ホームに立っている。

進め私!
未来の私の為に!

若手同人ミニエッセイトップ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)